映画「歯車」最終オーディション

映画「歯車」の一次、二次オーディションを乗り越えた、最終オーディションをさせていただきました。こんな自分のオーディションに来てくださった方々が沢山がいて、その中で1人を選ばなければいけないという辛さ。演技が上手い下手などと言える立場ではないし、来てくださった方々を批評することも良くない。そんなことをするなら一つでもどうやったら物語が良くなるかを考えようと思っています。ただやりたいことを進んでいきたい。責任を持って誠心誠意、これからもやっていこうと気が引き締まりました。来てくださった方々、本当にありがとうございました。

また創りますので、ぜひよろしくお願い致します。

監督 冨田航

Wataru Tomita
コロンビア、ブラジル、コスタリカなどの主に中南米で仕事をしつつ世界を飛び回り、新たな映像を制作中。初監督作品、長編映画「翼の生えた虎」はアメリカ、イギリス、インドなどで最優秀映画賞などを受賞。劇場公開準備中。